私とアニオタポー人とその息子とポーランド

二次元とは無縁で生きてきた私がアニオタポーランド人と結婚し、日々オタク知識を強制的に刷り込まれていく生活について綴っています。

復縁とは

友人から「復縁」について相談され、「復縁はありか?」について考えてみた。

私の答えは「なし」

だって、双方もしくは片方が関係を続けることが困難だと判断したから「破局」したわけじゃない?

復縁をしてもまた同じことを繰り返すことが目に見える。

 

お互いに好きだけど何らかの事情で別れなければならなかった、とか月日が経って、互いが内面も外見も成長しているのなら可能性を考えてみてもいいのかもしれない。

 

私にも忘れられない人だっていたし、失恋して2年間は周囲がどん引きするほど毎日彼を追いかけることしか考えていなかったから友人の気持ちはよくわかるんだけどね。

ルークと結婚した今でも7年前の彼のことを思い出して恋しく思うことはあるけど、年々減ってきた。なぜかと言うと私のワガママに耐えれるルークだから居心地が良いから。日々、愛されてるな〜と実感するし、追いかける恋より、追いかけられる恋の方が幸せになれることに気づいたから。

 

今の友人は追いかけることで頭がいっぱい。「次へ行きな」と声を掛けても次には行けないし、追いかけ続けると思う。

今は何も否定せず、彼女の意思を尊重することが1番なのだろう。

 

だから私が彼女に出した答えは「あり」

ただし、「自分が自分のために成長すること。決して彼のためでないこと」が必要である。

「復縁とはまた同じ相手に惹かれて、また同じ相手と恋に落ちること」じゃあ、相手を惹くにはどうするか。「新しい自分を魅せること」「前回の恋愛をリスタートさせるんじゃなくて、新しい恋愛をスタートさせるんだよ。もし、また出会ったとしても元彼女として接しないこと。親しい友人として接すること」ってことを伝えた。

彼女がどう捉えたかはわからないけど、自分を大切にしてほしいと心から願う。