読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私とアニオタポー人とその息子とポーランド

二次元とは無縁で生きてきた私がアニオタポーランド人と結婚し、日々オタク知識を強制的に刷り込まれていく生活について綴っています。

ポーランド人ってどんな性格なの?

 

日本に住んでいるポーランド人は約1600人います。

普段生活している中ではなかなかポーランド人に会えないですよね。

私も日本でポーランド人に会ったことは2回だけ。

その内1人は都内で働くポーランド系アメリカ人でした。

でもおばあちゃんが若いころにアメリカへ引っ越したというから彼は生まれも育ちもアメリカでポーランドには1度だけおばあちゃんの旅行にお供したときだけ。

 

その時の感想は

「何なんだ・・・この漂う悲壮感は・・・・」だとか。

・・・今ならこの言葉が解る(´_ゝ`)

 

さて、私から見たポーランド人はどんな性格なんだろう?

 

答えはざっくり言うと 日本人と西欧とソ連の間です。

日本人よりは自己主張できるけど、西欧ほどではない。

でも生活習慣や発言などからコミュニズム時代を感じる。

頑張ってヨーロッパになろうとしているけどなり切れていない感じです。

 

①ポーランド人男性と女性

 

そんな謎なポーランド人ですが、男女の力関係はというと

女>>>>>>>越えられない壁>>>>男です。

男性はレディーファーストが身についている人が多く、女性にはとても優しいです。ほぼ100%マザコンです。

マンマの国よりマザコンだと思います。

 

あ、うちのルークは私がドアを開けたらスタスタ歩いていきます。彼もなんだかんだマザコンです。2次被害を出さようにトマトにはレディーファーストの精神をしっかり教育中です。

 

女性はというと、本気で強いです。同性である私から見ても怖いです。

どんなに自分が間違えていても絶対に非を認めません。

口が滑って指摘したら本気で逆切れされます。

※身近な例として私の姑と義姉

 

②人見知りであんまり笑わない

 

ポーランド人は人見知りする人が多い上、30歳以上のポーランド人には英語がほとんど通じません。話しかけたとしてもツンとした表情だったりしますが、内心はポーランド語で話掛けるととても喜んでくれています。恐らく、「この人ポーランド語話せる!ラッキー!」という安心感なのかな?

50歳を過ぎたおばちゃんたちはものすごくおしゃべりで話題もころころ変わりますし、よく口が乾かないな~と思います。

 

③酒飲みながらディスカッションすることが好き

 

至る所にバルがあり、よく週末に仲間とお酒を飲んで政治や新しい法律やら最近のプライベートな話やらしています。

話に火が付きすぎて殴り合いのけんかをしていることも!

酒の場で喧嘩しても次に会うときにはリセットする切り替えの早さもポーランド人です。

よくネットでもディスカッションしていて炎上することもありますが、喧嘩にはならず最後には和解し合っています。(ネットで北朝鮮の核実験について論争しました。)

 

④感情表現が豊か

 

感情表現はとても豊かです。ブラックジョークも言います。

ルークが怒るときはドッカーンと噴火のようにいきなり怒鳴りだすので最初は驚きましたが、次第に慣れます。

 

⑤すごく働き者だけど働くこと自体は嫌い

 

特にコミュニズム時代を経験した人は当てはまると思います。

コミュニズム時代は不労の罪の存在があったので当時の国民は必死に働いていました。

亡くなった義父は若いころに働かず逃げ回って罰として軍隊に4年ほど入れられたそうです。(この法律、日本に導入したらNEETはいなくなるんじゃないの?と内心思う。)

ですが、脱コミュニズムにより「国」という労働を管理する強い権力を持つ存在がなくなり、失業者や職場には来るけど働かず酒を飲んでいるような人が増えてしまい、「国が管理しないからだ!仕事をくれないからだ!」と叫ぶ人がよくいます。※ルークの友達と職場の人

(見かけるたびに「おいおい、違うだろ。indeed見ろよ。職安行けよ。たくさんあるだろうよ。」と本気で心の中で突っ込んでいます。)

ポーランドは1年のうち2ヶ月は有給休暇があり、完全消化しなければならないのでその点だけは労働者に対して優しいです。

 

そんな人見知りで酒飲んでディスカッションすることが好きで感情豊かで働くことが嫌いなポーランド人

 

相性が良いのは穏やかな人

働くことが好きな人

大和撫子を連想させるような人

それかポーリッシュウーメンのような強い人

 

私の周りの婚姻歴が長い在ポの日本人、みんな当てはまります(笑)

 

いいな!ポーランド人と友達になりたい!

そんなあなたへのアドバイス

 

「キノコの話はやめましょう」