読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私とアニオタポー人とその息子とポーランド

二次元とは無縁で生きてきた私がアニオタポーランド人と結婚し、日々オタク知識を強制的に刷り込まれていく生活について綴っています。

塩洗顔の結果

 

昨夜トライした塩洗顔

 

洗顔直後からピリピリしていて不安でしたが、やはり朝起きたら赤くて細かいブツブツが出来て乾燥していました。

 

余計なものは塗らず、ワセリンだけ塗って回復を待ちます。

 

 

吹き出物との戦い

肌が弱く、日光アレルギー持ちの私

 

疲れたり食生活が荒れるとニキビが額か頬にすぐボツボツボツボツ出来る。

 

日本にいた頃は皮膚科で薬+suisaiの酵素洗顔パウダー+美顔水ですぐ鎮火したけど、ポーランドにはsuisaiも美顔水もない。

 

今、まさに額が吹き出物が出来てボツボツどころかボコボコになっている。

 

さてどうするか

ポーランド人に相談してもどいつもこいつもハーブしか勧めないからな

 

と、目に入ったのが 「塩」

塩なら殺菌作用あるし、いいんじゃない?と思い、いざ洗顔

 

洗顔フォームに塩を混ぜてみた。

・・・ピリピリして痛い(泣)

 

明日の朝に肌荒れを確認したら効果なしと判断して、重曹洗顔をチャレンジします。

 

 

 

 

復縁とは

友人から「復縁」について相談され、「復縁はありか?」について考えてみた。

私の答えは「なし」

だって、双方もしくは片方が関係を続けることが困難だと判断したから「破局」したわけじゃない?

復縁をしてもまた同じことを繰り返すことが目に見える。

 

お互いに好きだけど何らかの事情で別れなければならなかった、とか月日が経って、互いが内面も外見も成長しているのなら可能性を考えてみてもいいのかもしれない。

 

私にも忘れられない人だっていたし、失恋して2年間は周囲がどん引きするほど毎日彼を追いかけることしか考えていなかったから友人の気持ちはよくわかるんだけどね。

ルークと結婚した今でも7年前の彼のことを思い出して恋しく思うことはあるけど、年々減ってきた。なぜかと言うと私のワガママに耐えれるルークだから居心地が良いから。日々、愛されてるな〜と実感するし、追いかける恋より、追いかけられる恋の方が幸せになれることに気づいたから。

 

今の友人は追いかけることで頭がいっぱい。「次へ行きな」と声を掛けても次には行けないし、追いかけ続けると思う。

今は何も否定せず、彼女の意思を尊重することが1番なのだろう。

 

だから私が彼女に出した答えは「あり」

ただし、「自分が自分のために成長すること。決して彼のためでないこと」が必要である。

「復縁とはまた同じ相手に惹かれて、また同じ相手と恋に落ちること」じゃあ、相手を惹くにはどうするか。「新しい自分を魅せること」「前回の恋愛をリスタートさせるんじゃなくて、新しい恋愛をスタートさせるんだよ。もし、また出会ったとしても元彼女として接しないこと。親しい友人として接すること」ってことを伝えた。

彼女がどう捉えたかはわからないけど、自分を大切にしてほしいと心から願う。

 

 

 

 

 

相談女は世界共通

 

相談女って知っていますか?

 

よく2ちゃんねるの鬼女板で賑わっている相談女トピ

 

相談女とは:

http://djaoi.blog.jp/archives/69350565.html

 

日本から遠く離れたポーランド

ここにも相談女がいます。

相談女は世界共通です。

 

うちの相談女はルークの女友達エミリア

 

彼女はバツ2で再婚し、夫がいます。

 

もう、うざいです。24時間ルークにメッセージ。相談といいながらも相談というより自分自身の過去の人生への愚痴に近い。

クリスマスだろうが朝だろうが夜だろうが関係なくメッセージしてきます。

ルークは一緒にディナーを食べていても彼女とメッセージしながら

 

はい、イライラどころじゃないです。

 

不信感が募り、ルークのスマホのメッセージをチェックしたら

「kocham ciebie😉」と彼女からメッセージ

それに対しルークは「👍🏻😁」と返していました。

 

この時点で沸騰しています。

 

更に読み進めると「あなたが子供たちのパパだったらいいのに」「子供たちはあなたをパパと呼んでいるわ」

 

スマホをぶん投げてやろうかと思いました。

 

帰宅後のルークに詰め寄ると「彼女の人生はお前よりひどいんだ。可哀想なんだ。裕福な日本人にはわからないだろう」と怒鳴ってきました。

 

相談女って、何なんでしょうね。

人の家庭を壊しているという感覚はないのでしょうね。

 

本当にゲスい。

 

 

 

 

 

 

 

私とルークの信頼関係

 母語や人種、育ちなどバックグラウンドが異なる国際結婚カップルが信頼関係を築くために必要なことはコミュニケーションと相手と認め合う理解し合う心ですが・・・

 

さて、私とルークの信頼関係ってどんなものか

 

①言葉の壁

基本は英語・ポーランド語でのコミュニケーション

だが、英語ポーランド語でも思うように伝えられない細かい日本語を表現できない&ルークが理解出来ない

 

②交友関係・異性関係

「友達になりたい人の定義」が私とルークで異なる。

ルークはルックス→内面

ルークにとって私の友達は外見がアグリーだから不満だそう。

私は内面や社会的な立場→ルックス

逆に私はルークの男友達はヤンキーみたいな人だから関わりたくない。女友達はルークにセックスを誘うから生理的に嫌だ。同じような意見や価値観を持つ人がいい。特に相談女化した女友達が私とルークの喧嘩の種で私にとって苦痛で仕方ない

 

「アーニャは何で僕を信じてくれないの?彼女は可哀想な子なんだ。アーニャみたいに強く無いんだよ」だって

 

信頼関係云々の問題なのに解ってもらえない煩わしさ

女にしかわからない女独特の陰湿さ

 

信頼関係を築くことはとても大変だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポーランドで救急車を呼んだ後日談

 

マヨフカ後半に倒れたルーク

 

112へコールし、救急車を呼びました。

 

来たのは男の人2人

1人が医師で1人が看護師兼運転手だそうです。

鎮痛剤を倍量入れて話せるようになったルーク

目の動きも手足も正常に動くため、後日、ホスピタルへ行きました。

朝の9時から夜の22時まで検査をした結果、「髄膜種」の疑いと診断されました。CT撮ったんだから髄膜種じゃないのかな(-_-) 髄膜種って判断しやすいよね?

鎮痛剤を貰って次の精密検査まで痛みを凌いでいますが、鎮痛剤を服用してもまだ痛みがあるようです。

 

次の精密検査まで胃がキリキリします。

 

*こちらではCTとMRのCDデータをもらうことができます。

 

 

たんぽぽ畑

f:id:zyciewpolsce:20170510171011j:image

 

たんぽぽがレール沿い一面に咲いています。

とても綺麗です。

トマトが年少さんの時にやったお遊戯会を思い出しました。

タイトルは「たんぽぽ列車」

まさに、たんぽぽ列車です。

 

あの頃の小さかったトマトはどこへ行ったのか・・・(泣)

 

隣で鼻くそをほじっておならぶーぶーしているお下品な息子になってしまったなんて信じたくない(苦笑)